カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸の決済代行は【少額短期保険】とセットで検討すべき理由とは?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/20

不動産賃貸の決済代行システムは、少額短期保険とセットで検討することもできます。入居者はカード会社からのポイントも付与されるため積極的に利用しようとしますし、契約率の上昇やお互いの満足度へとつながります。カード審査を既に通過している信頼のおける入居者を獲得しやすく、家賃未回収などのトラブルを回避することもできます。

決済代行と少額短期保険のセットとは

決済代行と少額短期保険のセットは、家賃や駐車料金などの未回収を保証してくれるので安心して決済代行システムを導入することができます。最長でも24ヶ月ほどの滞納家賃などを保証し、クレジットカード会社と損害保険会社が安心を提供してくれます。

さらに少額で短期の保険なので、初期費用も少なくリスクが低いため導入しやすいといえるでしょう。家賃や駐車料金だけではなく、入居者が支払う火災保険などもカードシステムで簡素にでき、契約更新もキャッシュレスになります。

さらに自動継続特約もあり、契約書などの記入などなくペーパーレスにて契約が継続することもできます。不動産賃貸にありがちな家賃滞納による明け渡しの際の請求訴訟も、弁護士費用やその他費用もカバーしています。

少額短期保険でありながら不動産賃貸を行う際に必要なことを保証してくれるため、決済代行とセットで検討しておくことが大切です。家賃を滞納している入居者に対して、さらに原状回復費用を請求することは現実的ではありませんが、その際の費用も補償してもらえます。そのほか家具などの財物を撤去する必要があった時の、ものを保管するための場所の費用も補償されるところが特徴です。

保険によって補償内容が変わりますが、決済代行という便利なシステムと同時に契約しておくことでトラブルがあったときに安心できます。

少額短期保険とセットでのメリットは

保険の規模は小さいのですが、不動産賃貸会社とのニーズが合うと保険料をセーブしながら補償を受けることが可能です。賃貸住宅の入居で保険を利用するメリットはたくさんあり、一定の事業規模で少額であり短期の保険を指しています。

中にはミニ保険と呼ぶ人もいますが、少額短期保険は生命保険であれば1年で、損害保険であれば2年と決まっています。カバーされる金額には上限の規定がありますが、それぞれ条件があればとても有利になる保険システムでもあります。

主に賃貸入居者に対する家財保険や借家人賠償責任保険などの種類があり、賃貸向けの専業で利用しやすいでしょう。保険料が比較的低いところがメリットで、故意に起こしたトラブルや過失による損害賠償責任に定められています。

失火によっての損害賠償責任は免除の対象となっているので、オーナーは自ら賃貸住宅を守る目的で火災保険に入る必要があります。入居者は失火によってオーナーへの損害賠償義務は逃れますが、退去の際は原状回復義務があるため支払う必要も出てきます。

火災に限らず水回りのトラブルで水漏れの事故があったとしても、賠償責任を負うことになります。少額短期保険は2年までとなっていて、2年毎の契約更新が必要になりますが、賃貸住宅での保険は問題にはなっていません。必ず入る保険に対して費用を抑えながら加入できるのも、この保険システムのメリットになっています。

少額短期保険が良い理由について

不動産賃貸では入居者の家賃や駐車料金などの滞納や、未回収などのリスクがあります。しかしこれらのリスクは決済代行と少額短期保険で回避が可能です。

もともと入居者が所持していたクレジットカードや、新たに作ったもので支払いをすることになります。しかしカードの審査が通らなかった人は利用することができませんが、カードの審査が通らないということで家賃滞納のリスクもあります。

このことから既に信頼ができる入居者として判断することができますし、必要最小限の保険を少額でかけることができます。不動産賃貸をするにはこの2つをセットで契約しておくことが、大きなデメリットやリスクを回避することになります。

家賃を回収できず入居者の過失によるトラブルなどがある場合、うまく業務ができなくなることもあります。多くの会社では紙の書類を使った業務が多くなりますが、申込書や証明書などの利用者からの書類もペーパーレス化されています。これにより紛失や破損のリスクが少なくなるだけではなく、送料や印刷料金などのコストも削減されます。

また人件費も削減されますし業務が効率化し、入居者の審査などの処理もミスや判断の誤りなく行えます。振込方法が限定されますが決済代行によるキャッシュレス化で、入居者へのニーズに応えることもできます。振り込み方法が様々ですがユーザーのニーズも変化しやすい状況で、全てに対応すればコストが高くなります。コストが安くリスクの低い方法で、入居者からの家賃回収や保険などを設定することが大切です。

 

入居者にとってもメリットがある決済代行や、低コストの少額短期保険で家賃へ還元することもできます。不動産賃貸からの収入も増えることもありますし、メリットが多くそれぞれの都合に合った会社を選ぶことが可能になります。ここで優良な入居者を獲得する可能性もあるため、この2つをセットで検討することが大切です。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧