カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸で成功した人が共通して導入している決済代行とは?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/20

不動産賃貸は安定した利回りが見込めるとして人気の高い資産運用法ですが、安定した収益を上げるには、経営上の工夫が求められます。そんな中、不動産賃貸で成功した人の多くが導入していることで注目を集めているのが、決済代行というシステムです。家賃収納率や稼働率の向上以外にも、事務の軽減などさまざまなメリットがあります。

個人経営でもカード決済の導入が容易に

決済代行という言葉はあまり一般的ではないかもしれませんが、個人商店などの小規模事業者の間では徐々に普及していました。決済代行とは、簡単にいえばクレジットカード決済にかかる事務を専門会社に代行してもらうサービスです。

一般的なクレジットカード決済では、事業者がカードの発行会社と直接契約し、商品の購入代金やサービスの利用料などの決済業務を委託します。しかしそれらの業務はカード会社ごとに締めや入金、報告などのサイクルがまちまちなため、複数の会社と契約すると経理事務が煩雑になります。

加えて、契約を結ぶにはカード会社の審査を受けなければなりませんが、どんな事業者でも審査にパスするとは限りません。とくに、個人事業主や開業してから日の浅い事業者などは、信用度の点から合格へのハードルが高いと言われています。こうした課題を解決すべく誕生したのが決済代行サービスです。

代行会社を通すことで審査に受かりやすくすると同時に、複数のカード会社を利用する場合でも代行会社のほうで取りまとめて入金や報告を行うため、経理事務に十分な手間をかけられない小規模な事業者でも手軽にクレジットカード決済を導入することができるようになります。

決済代行は、以前は個人で通販ショップを運営している人などが主な顧客でした。しかし最近では、不動産賃貸に特化してサービスを提供している代行会社も増えてきています。

家賃の払い忘れを未然に防止する

不動産賃貸に決済代行を導入することは、物件オーナーにさまざまなメリットをもたらします。そのひとつに家賃収納率の向上があります。

現在、主流となっている家賃の支払い方法は口座振込ですが、この方法だと入居者側の払い忘れというリスクが常につきまといます。また「忘れてはいないが資金繰りに困難が生じて期限までに振り込めない」といった事態も起こりがちです。

しかし決済代行を利用すれば、カード会社が家賃を立替え、それを代行会社に送金します。代行会社は受け取った家賃を物件オーナーに送金します。その結果、入居者が自らアクションを起こさなければならない口座振込より、所定の期日までに家賃が回収できないリスクが大幅に減ることになります。もちろん、口座振替でなく自動引き落とし制度を利用しても、払い忘れによる未回収リスクを減らすことができます。

ただ、現在の一般的なクレジットカード加入者は日常の買物代金に加えて公共料金やインターネット上の各種定額サービスなど、さまざまな費用の支払いにカード決済を利用しています。それらの中には、支払いが滞るとただちに生活に支障が出るものも少なくありません。

こうしたことから、加入者は口座の残高不足によってカード決済ができなくなることに対して、かなり注意を払っています。そのため、家賃を単独で引き落とすよりも未払いが少なくなる傾向があるのです。

借りやすさをアピールして稼働率アップ

決済代行には収納率の向上の他にもメリットがあります。それは、物件稼働率の向上に役立つ可能性があるということです。

住宅等の賃貸借契約では、入居者に対して連帯保証人を立てることで、家賃の滞納などが発生した場合に弁済を求めるのが一般的になっています。保証人には入居者の親や勤務先の上司など、入居者と同等以上の社会的信用を持つ人物が望ましいとされます。しかしながら、近年では高齢化や核家族化の進行、あるいは雇用環境の流動化などによって、保証人にふさわしい人物が身近にいないという人が増えてきています。

もし、物件に入居したいが保証人を立てるのが難しいという人が現れた場合、オーナーとしては2つの選択肢があります。1つは入居を断る、そしてもう1つは保証人なしで物件を貸すというものです。

ただ、保証人を立てられない人が増えているのが現状である以上、そうした事情を持つ入居希望者をすべて断っていては、空き室をなかなか埋めることができません。かといって保証人なしで貸すとなると、家賃の滞納や場合によっては無断退去による回収不能などのリスクに直面することになります。

しかし決済代行を導入すれば、先に述べた通り家賃の収納率がアップすることから、保証人に弁済を求める機会が減少します。となると保証人なしでも物件を貸しやすくなる、すなわち入居者にとっては借りやすくなる状況が作れるため、結果的に稼働率の向上につながることとなります。

 

家賃の支払いをクレジットカード決済にすれば、家賃収納率と物件稼働率をともにアップさせる効果が期待できます。個人資格でアパート・マンション経営を行っている人がカード会社と直接契約しようとするとハードルが高くなりますが、決済代行会社を利用すれば導入しやすくなります。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧