カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸のキャッシュレス導入で申請できる補助金や助成金はある?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/20

キャッシュレスに時代の流れが変わりつつある流れの中で、不動産賃貸を経営している方の中にも決済代行を利用するか検討している方もいるでしょう。ここで問題になるのが、決済代行を取り入れる場合のメリットやデメリットです。例えば補助金や助成金があれば、手数料がかかるというデメリットを無視して導入を検討しやすくなるかもしれません。

まずは導入するメリットを確認すること

近年キャッシュレスが普及しつつあるといっても「不動産賃貸の家賃で決済代行の仕組みを利用するメリットは少ない」というイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし実際には、導入することでさまざまなメリットが存在しています。

最初にどのようなメリットがあるのか把握し、状況に合わせて行動できるようにしましょう。 例えば不動産賃貸で決済代行を取り入れるメリットの1つが、家賃回収の手間がなくなるという点です。クレジットカード払いの場合であれば、月々の家賃回収の手間を減らせます。その場で決済が完了すれば、金銭トラブルによる未回収などが防ぎやすいという特徴もあげられます。

そして回収しやすいだけではなく、家賃の滞納が起こりにくいのです。口座引き落としや銀行振り込みだと、残高不足などの要因から家賃が回収できず滞納されるケースも多くあります。ですが支払いは一時的にカード会社のほうから行われることで、家賃の未払いを防ぐことが可能です。

さらに借りる側からみても、キャッシュレスを利用することでポイントが貯められるというメリットがあります。ポイントを貯めるために、キャッシュレスに対応している物件を探している方もいます。つまりキャッシュレスに対応することで、不動産賃貸の集客率をあげられる可能性もあります。空室リスクを防ぐことで、家賃収入を安定させることが可能です。

デメリットを1つずつ把握することが大切

不動産賃貸でキャッシュレスを導入したい場合、メリットだけに注目してはいけません。メリットだけではなくデメリットもあるので、注意する必要があります。

例えば注意が必要な点の1つが、手数料が発生するという点です。導入のためにお金がかかるだけではなく、月々の決済手数料もかかります。具体的な手数料の金額は利用する決済代行会社によって異なるので、個別に確認して決めることも忘れないようにしましょう。

手数料の問題については、具体的にどのくらいの金額となるのかシミュレーションをすることも欠かせません。条件を考慮していくことで、問題ない額なのか影響のほうが大きいのか考えていくことにつながります。

実際に経費としてかかってしまう額の負担というのは、不動産賃貸の事業の規模によっても異なります。小さなアパートだと手数料がかかるデメリットのほうが大きくても、大規模マンションなら経費がかかっても取り入れるメリットが大きいということもあるでしょう。状況に応じて検討することが、より良い選択をするためのポイントの1つです。

さらにクレジットカード決済を利用するのであれば、カード会社による審査が必要です。そして審査を通過できない場合には、使う価値のないサービスになってしまいます。メリットだけではなくデメリットもあることを理解して、不動産賃貸で決済代行を取り入れるか検討していく必要があります。

補助金や助成金を利用する条件を確認

不動産賃貸でキャッシュレスを導入したいと思っているものの、そのためのお金が不足しているというケースもあるかもしれません。そのようなときに気になるのが、補助金や助成金を利用する選択肢が用意されているかという点です。

実は補助金や助成金の利用も可能なので、興味がある方は調べてみるようにしましょう。実際にキャッシュレスを導入するための補助金や助成金を利用したい場合、どのような形になるかは業者などの条件によって異なります。そのため自分の状況を考慮したうえで、利用できる条件を1つずつ確認していきましょう。しっかりと確認することで、損をせずにより良い形で補助金や助成金を利用することにつながります。

1つ注意が必要になるのが、補助金や助成金の申請には細かい条件や期限が決められているケースが多いという点です。条件を満たしていないもしくは期限を過ぎている場合には、利用したくても援助してもらえなくなってしまいます。後から気が付いて後悔することを防ぐためにも、早めに確認しておくことが欠かせません。

また不動産賃貸の補助金や助成金の情報は対応が変わっていく可能性もあります。興味がある場合には、早めに動くこともポイントの1つです。少しでも有利な形で決済代行を導入するためにも、早めに動いてより良い形で対応できるようにしましょう。気になる点があれば口コミを参考にするのも1つの手です。

 

不動産賃貸でキャッシュレスを導入することには、さまざまなメリットがあげられます。一方で手数料がかかるなどのデメリットもあるので、補助金や助成金が利用できないか調べるのも1つの手です。補助金や助成金の申請にはさまざまな条件や期限があるので、早めの確認が大切です。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧