カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

決済代行の導入前に確認しておきたい入金日のスケジュールとは?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/20

不動産賃貸の家賃の回収を決済代行会社を通して行う場合、入金日のスケジュールをしっかり確認しておくことが大切です。家賃を事業資金にしている方にとっては、どれくらいの期間で入るのかが気になりますよね。ここでは、決済代行を導入する前に確認しておいたほうが良い、入金日のスケジュールについて詳しく解説します。

不動産賃貸に利用できる決算代行

不動産賃貸に決済代行を導入するときに確認しておきたいのが、支払われた家賃が貸主の口座に入金されるまでの流れです。

決済代行サービスを利用して家賃の支払いをおこなう場合、借主はクレジットカードの決済を利用して、毎月の賃料の支払いを行います。毎月家賃を振り込む手間がなく借主にとっても非常に便利な支払い方法なのですが、確認しなければいけないのは、借主が支払った賃料が貸主に支払われるスケジュールです。

借主が決済した賃料は、一時的に決算代行をする会社が預かることになりますが、決められた日に指定された口座に入金がおこなわれることで家賃が貸主に支払われます。貸主の口座にお金が振り込まれる日が入金日ですが、いつお金が入金されるかは決済代行会社によって異なるため、利用しやすい会社を選んだほうが入金も確認しやすくなります。

不動産賃貸に決算代行を利用する場合、入金日のスケジュールを自分で決められる場合もあります。このタイプの決算代行のメリットは、毎月自分の好きな日にまとめてお金を指定した口座に入金してもらえることです。毎月初めに入金をしてもらいたい場合には、1日や2日を入金する日に指定することもできます。毎月月末に支払いをしてもらいたい場合には30日や31日を指定することも可能です。

特定の日に入金がおこなわれるスケジュール

不動産の決算代行をしている会社が、貸主に入金をする入金日として指定されていることが多いのが月の初めです。入金日を月初に指定している会社の場合には、入金がされる前月分の家賃の振り込み額が、翌月の初めにまとめて支払われるのが一般的です。一か月分の家賃がまとめて一度に入金されるので、契約している借主の数が多いほど一度に振り込まれる金額も多くなります。

翌月のいつが入金日になるかは、契約をしている会社にも異なり、毎月1日に入金をする会社もあれば、2日や3日が入金日に指定される場合もあります。翌月の10日前後に前月の振込み額がまとめて入金される場合もありますが、いつ入金されるかによっても、貸主の利用しやすさが変わってきます

会社によっては毎月月末が入金日になっている場合もあり、この場合には各月の一定の日までに振り込まれた家賃が、まとめて貸主の口座に入金されます。毎月25日までに支払われた家賃が、毎月31日に入金されるような支払い方法が、このタイプの一般的なスケジュールです。

月の途中で締め切られるタイプのスケジュールの場合には、締切日以降に振り込まれた賃料は翌月分として入金されることになります。そのため、毎月25日が締め切りの場合、26日から月末の日までに振り込まれた家賃は、翌月の入金日に貸主の口座に入金されます。

月末が入金日になっている場合の注意点

自分で月末を入金日に指定した場合でも、あらかじめ決められている場合でも、入金の日が月の最後の日になっている場合には、他の日とは異なった注意が必要です。月の最後の日は各月によって異なっているので、31日が月の最後の日になっている場合と、30日が最後の日になる場合があります。2月の場合には28日が最後の日になりますが、うるう年の場合には29日が月の最後の日です。

そのために、月の最後の日が入金日になっている場合には、月によって受け取ることができる日にちも異なっていて、1月の場合には31日が入金される日になり、4月の場合には30日が受け取りの日になります。

ただし、このタイプの場合注意しなければいけないのは、31日が入金の日に指定されている場合です。5月の場合にはそのまま5月31日が入金の日になりますが、4月の場合には31日は存在しないために、別の日に入金することになります。

31日が存在しない月の場合にいつ入金がされるかは、契約をする会社によって規定が異なっている場合があり、31日がない場合には翌月の1日が入金の日になる場合もあります。31日がない月には30日が入金の日になる場合もあるので、どちらのケースに当てはまるかは、契約のときに確認しておいたほうがよいでしょう。

月末に入金がされると、お金の予定も立てやすくなるので、貸主にとっても非常にメリットがあります。

 

不動産賃貸で決算代行を利用する場合には、借主が振り込んだ家賃が、いつ貸主の口座に入金するのかを、事前に確認する必要があります。入金日として一般的なのが月の終わりや月の初めで、前月分や当月の一定期間の家賃をまとめて入金してもらえます

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧