カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

知らないと損!不動産賃貸は決済代行で入居率が上がる理由とは?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/06/29

不動産賃貸経営をする際、一部屋でも空室があると、それだけで経営が傾いてしまうということになりかねません。そこで役立つのが決済代行です。決済代行を導入すると、現在よりも入居率がかなり上がることが見込めるようになります。どうしてそんな結果が生まれるのかにはいくつか理由があるので、ひとつひとつ見ていきましょう。

初期費用の分割が可能になる

賃貸で部屋選びをするときは、部屋の間取りや立地といった点以外に、初期費用がいくらかかるのかというところも重要なポイントになります。家賃の2~3ヶ月ぶんほどの敷金や礼金、保証会社との契約料、鍵の交換費用などを合計した額が初期費用となる場合がほとんどなので、賃貸契約をするためにはその支払いをするための資金を現金で用意しておかなければいけないというのが一般的です。

しかし、決済代行を導入している不動産賃貸物件であれば初期費用をカードで支払うことができます。そのため、一度に大きな額を現金で払うのはなかなか難しいという人でも、問題なく入居することが可能です。初期費用を現金でまとめて用意できる人だけでなく、そういった人も入居を検討してくれるようになるため、決済代行を導入している賃貸はそうではない賃貸よりも入居率は必然的に上がることになります。

また、引っ越しをするには、引っ越し業者の利用料金や、場合によっては今まで住んでいた物件の修繕費など、初期費用以外にもさまざまなお金がかかります。そして多くの場合、そうした種類の支払いはカード払いをすることができません。

その辺りの事情も考えると、やはり不動産賃貸は決済代行を導入していて初期費用をカードで払える物件のほうが、決済代行を導入していない物件よりも入居率が上がるのは当然のことといえるでしょう。

振込手数料がかからない・ポイントが付与されるなどの特典も魅力

不動産賃貸で決済代行を導入していない場合では、家賃の支払い方法は基本的に口座引き落としか指定口座への振込です。その場合、どうしても引き落とし手数料や振込手数料として数百円ほど余計な出費が発生します。

この手数料は、そこまで気にしない人もいるとは思いますが、気になる人はとても気になる部分でしょう。一回の金額は数百円という小さなものとはいえ、家賃の支払いは毎月あるので、一年で数千円、長い目で見て行けば数万円の無駄な出費をすることになってしまいます。

その点、不動産賃貸決済代行を導入している物件であれば、家賃をカードで支払うことができるため、銀行への引き落とし手数料や振り込み手数料はかかりません。それどころか、カードの利用によるポイントを付与してもらえる場合があるというメリットすらあります。一部に例外はありますが、カードで家賃を支払うと支払い額ぶんのポイントをもらえるという特典があるカードや賃貸物件が存在します。

銀行への手数料というマイナスがなくなるだけでなく、ポイントというプラスを得られることがあるというのも、決済代行を導入している物件の大きな魅力の一つです。少しでも出費を減らしたいという人や、クレジットカードを利用するうえでポイントを重要視している人からすれば、この点はかなり興味を惹く部分になるので、集客アップが見込めます。

連帯保証人が不要になることがある

賃貸契約では、万が一家賃を滞納してしまったときのために入居者は連帯保証人を立てる必要があるのが主流ですが、中には保証人を立てるのは難しいという人もいます。核家族化や少子高齢化が進んでいる現代の社会背景を思うと、そうなってしまうのも仕方のないことです。

しかし、決済代行を導入している物件なら、クレジットカードに付いている家賃保証の利用によって、連帯保証人を立てられない人でも入居できる場合があります。その場合、家賃の延滞や滞納が起きた際には、保証人に代わってカード会社がオーナーに家賃を支払い、その後でカード会社から入居者へ請求が行きます。この方法だと家賃トラブルの解決が容易になるので、オーナーとしても保証人を立ててもらうよりむしろ効率的です。

また、最近では日本に移住する外国人も増えています。外国人移住者が保証人を立てるのは日本人よりもかなり難しい傾向がありますが、その場合もカードの家賃保証を利用すれば保証人は不要になることがあります。決済代行の導入は、外国人移住者の集客も可能になる選択だといえるでしょう。

まとめ

決済代行を導入している賃貸物件は、初期費用のカード払いが可能であるという点で、他の物件よりかなり魅力的に映ります。さらに口座振り込みや引き落としで家賃を払う必要がある場合と違って、振り込みなどの手数料がかからないというのも入居率が上がる一因です。

そして、連帯保証人が不要になる場合があるため、保証人を立てづらい人からの集客も期待できるなど、決済代行の導入には入居率アップにつながるさまざまな理由が存在します。不動産賃貸決済代行は、入居率を上げたいオーナーや管理会社にって大変有効的な手段だと言えるでしょう。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧