カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸は決済代行が常識になる!?気になる将来性とは?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/07/20

不動産賃貸を経営する際、利用者にとって敷金や礼金など初期費用がネックなるケースがあります。決済代行を利用すると、利用者は所持金が少なくても収入の見通しがあれば契約できるでしょう。不動産業者は機会の損失を防ぐことができます。将来性のある支払い方法で、今後導入する業者が増えると期待されています。

リボ払いや分割を利用することが可能

不動産賃貸において、クレジットカードなどの決済代行を利用するといろいろなメリットがあります。たとえば契約機会の損失を削減することが可能です。

不動産賃貸物件を希望する人は、敷金・礼金を準備するのがネックになることがあります。場合によってクレジット決済することができないという理由から、不動産賃貸候補から外れるかもしれません。現在現金のみを支払いの選択肢としている人は少なくなっており、入居費用も支払い方法を選べるようにすれば入居率を上げることにつながるでしょう。

クレジットカード決済を導入すると、後払いができることはもちろん初期費用の分割やリボ払いも対応することが可能です。分割やリボ払いができるようになると、高い物件でも契約できるようになり、売上が上がる傾向です。

不動産契約は基本的に窓口で直接行うケースが多いですが、場合によって入居する時の支払いや退去する時の清算など、店まで行くのが難しいこともあるでしょう。メールクレジット決済を利用すると、都合の良い時間や場所などで支払いすることができるようになります。

不動産業界にとっておすすめの決済サービスで、今後も普及することが期待されていて将来性があります。メールクレジット決済はさまざまな種類の端末があり、据置型やポータブル端末、QRコード決済や電子マネー決済などさまざまです。

スムーズなクレジット決済を実現

据置タイプの場合、レジ横などにピッタリフィットするサイズ感です。コンパクトで便利な端末になっていて、店舗においてクレジットカード決済を行う際に多く利用されています。

利用者は専用端末機に対してクレジットカードを通し決済でき、安心・安全な手続きをすることが可能です。簡単なボタン操作になっているため決済はすぐに完了するため、利用者を待たせることもありません。分割払いにも対応していて、LANやWi-Fiなどを選択できます。

クレジット決済を導入する際は、業者によってニーズに応じた料金プランを選択できたり、初期費用を抑えられる、ランニングコストが低いなどの特徴があります。要望に合わせてご自身に合ったものを選択しましょう。メーカーによっては故障した際に無償で修理・交換に対応していて、何かしらトラブルがあってもすぐに相談が可能です。

QRコードタイプは便利で、スマホをかざすだけという簡単な決済になります。支払う際に決済金額が設定されているQRコードを利用者がスマートフォンを使って読み取り、簡単に決済が完了するサービスです。レジでのオペレーション向上にも役立つことができ、効果的な決済方法と言えます。幅広い決済に対応することで機会損失を予防し、売上アップを期待できます

ネット環境がなくても使用することが可能

ポータブル端末は屋外でも利用することができるので便利です。バッテリー内蔵型になっているので、場所を選ばずクレジットカード決済を実施することができます。据置タイプの機能をそのままにしながら、回線がない環境において利用することが可能です。マンションの部屋や車内、カフェなどいろいろな施設でも利用できます。

ポータブル端末の特徴として、携帯電話の電波があるとどこでも利用することが可能です。複雑な設定がなく、手にした瞬間から決済することができます。

ポータブルタイプのメリットとして、ニーズに応じたいろいろな料金プランの中から選択できます。インターネット環境も必要がなく、通信キャリアの4G回線を活用しながら通信を行っているので、インターネット環境のないような場所でもクレジットカード決済することが可能です。充電型端末になっていて、一度充電すると長時間稼働しているので便利です。

電子マネー決済に対応している端末もあり、クレジットカード決済の次にニーズの高いと言われている電子マネー決済を気軽に行うことができます。さまざまな電子マネーに対応することができ、利用者が支払いしたい方法で対応することができるので、顧客の損失を防ぐことが可能です。

 

不動産賃貸の決済方法は将来性のある決済代行サービスが主流になると予想されています。利用者に合った決済方法を選択することができるので、顧客の損失を未然に防ぐことが可能です。据え置きタイプやポータブルタイプなどさまざまな種類のものがあります。

決済代行サービスは、キャッシュレスが社会に浸透するにつれてどんどんニーズの高いものとなっていきますから、ぜひ早めに導入し、スマートに使えるようになっておきましょう。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧