カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸で他物件と差別化するなら決済代行がいい理由とは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/06/29

不動産賃貸の経営を効率的に行っていくためには、他の賃貸物件との差別化を図ることが重要になります。

そして他の賃貸物件との差別化には、家賃の決済代行の導入がおすすめです。今回はいち早く不動産賃貸の決済代行を導入した方がいい理由もあわせてご紹介します。

家賃の決済代行導入は早いほうがいい

不動産賃貸決済代行を導入することで家賃をクレジットカードで支払えるようにしている賃貸物件は、少しずつ増えてきているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。そのため、決済代行を導入しているというだけで、クレジットカード払いができる便利な賃貸物件として他の物件と差別化することができます。

家賃をクレジットカードで支払える賃貸物件がまだそれほど多くない理由は、オーナーや管理会社が手数料や利用料の支払いをしなければならないことがあるからです。決済代行を導入せず、口座振り込みや引き落としという従来の形式で家賃を支払ってもらうようにすればその手数料や利用料はかからないため、ほんのわずかな金額でも収入を減らしたくないという気持ちから決済代行の導入を渋っているオーナーや管理会社はたくさんいます。

そのため、周囲が二の足を踏んでいる現在の段階で決済代行を素早く導入し、家賃のクレジットカード払いを可能にすれば、普通の賃貸物件とは違った魅力ある物件として注目を集めることが可能です。手数料は、決済代行業者によって異なるので、業者選びをする際に確認してみると良いでしょう。

設備を増やすより手軽でコストがかからない

同程度の水準にある他の賃貸物件と自分の物件を差別化するには、入居者の生活をより快適にするための設備を増やすという方法が挙げられます。ただ、設備投資となるとかなり費用がかかってしまうのが問題です。

たとえばモニター付きのインターフォンや温水洗浄便座を新しい設備として取り付けるだけでも、それぞれ3万~4万円の費用がかかります。そういった設備をマンションやアパートの部屋すべてに取り付けて行くとしたら、数百万円という莫大な費用が必要になってしまうことでしょう。

また、部屋の内部ではなく共用部の設備を充実させるというのも他物件との差別化には役立ちますが、その場合も決して安く済むことはありません。エントランスの扉をオートロックにするのには、数百万円の費用がかかりますし、エレベーターを設置しようと思ったら、種類によっては一千万円以上必要です。

設備というのは、設置する費用だけでなくメンテナンスなどにもコストがかかります。オートロックやエレベーターは、故障してしまったら修理にかなりのお金がかかるうえに、そもそも稼働させているだけで電気代が発生します。さらに、インターフォンなどが不調になったときも、修理代の支払い義務は管理側にあることがほとんどです。

このように、設備を増やして他物件と差別化を図るのは、とても大きなコストがかかるのでなかなか簡単に手が出せる方法ではありません。しかし、決済代行の導入はコストがほとんどかからないので、比較してみると圧倒的にお手軽です。なるべくローコストで他物件と差別化したいなら、決済代行を導入するのが最適だといえます。

クレジットカード決済の需要が高まっている

世界的にキャッシュレス化が広まりつつあることで、家賃も現金ではなくクレジットカードで支払いたいという人の数は、日に日に増えてきています。政府もキャッシュレス決済を推奨しており、日本のキャッシュレス決済比率は20パーセントほどですが、政府は2025年までにこの比率を40パーセントまで高めることを目標に掲げています。そのため、キャッシュレス化の拡大傾向は今後ますます勢いを増していくことでしょう。

不動産賃貸もこうした社会の傾向と無関係ではありません。少しずつクレジットカードで家賃を支払える物件は増えています。この機に賃貸物件でも決済代行を導入して家賃のクレジットカード払いを可能にすれば、時代に乗り遅れることなく、古い体制の物件と差別化を図ることができます。

まとめ

決済代行を導入している物件は現時点ではまだあまり多いほうではないので、導入すればそれだけで他の物件とは大きく差を付けることができます。設備面を充実させることでも差別化はできますが、設備の設置にはかなりの費用がかかってしまうことがネックです。さらに、設備は設置後もランニングコストがかかります。

しかし決済代行なら、導入後はほとんどランニングコストがかからない場合があります。キャッシュレス化の波は不動産賃貸の世界にも少しずつやってきているので、他物件と差別化して集客アップを図りたいなら、今のうちに決済代行を導入するのがおすすめです。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧