カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

よくある家賃滞納理由とは?不動産賃貸決済代行で解決できる!

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/20

不動産賃貸をするうえで起こる問題として、家賃の未払い・滞納があります。契約に基づいて家を借りている以上、借主には必ず支払いの義務があるのですが、場合によっては賃料が払われなくなる場合もあります。しかし決済代行を利用すれば、家賃の滞納問題を解決できます。貸主・借主のどちらにもメリットのある決済代行の仕組みをご説明します。

失業が原因による毎月の支払いの滞納

不動産賃貸で賃借人が家賃を滞納する理由としてよくあるのが、家賃を支払うための収入がなくなってしまうことです。賃貸の契約をするときには毎月決まった収入があったので、貸主も安心して不動産を賃貸することができたのに、その後の事情が変化して借主の経済状態が変化すると賃料を支払えなくなる場合があります。

このようなタイプの滞納でとくに多いのが、借主が失業するケースです。契約時には会社などに勤めていた人でも、会社の経営が悪化したり、個人的な事情により仕事を失ったりすることがありえます。収入がなくなると当然家賃も支払えなくなります。

こうしたタイプの家賃滞納を未然に防ぐことが難しいのは、賃貸の契約をしたときには、相手に安定した収入があったからです。その後に事情が変更して相手が失業するようになることまでは、契約時に判断することは困難なので、実際に相手が失業した場合には、賃料を滞納されることがあります。

滞納を未然に防ぐことができるのが決済代行による賃料の支払いです。毎月の賃料の支払いはクレジットカードを利用して決済されるので、自動的に振り込まれる仕組みです。そのために、収入のなくなった相手が意図的に賃料を支払わないようにすることはできないので、滞納を未然に防ぐことができます。安定した経営をおこないたい貸主に利用されているサービスです。

ローンが原因による毎月の支払いの滞納

不動産賃貸で、貸した相手が賃料を滞納する理由としてあげられるもう一つの理由が、ローンの返済に追われている場合です。借主が会社に勤めている人で、毎月安定した収入がある人でも、毎月入ってくる収入の額以上にローンの支払いがある場合、ローンの返済に収入のほとんどを使用してしまい、家賃が支払えなくなるケースがあります。

収入以上のローンを背負ってしまう原因として典型的なものが、過剰な浪費です。欲しいものを見るとすぐに購入したくなるような人の場合、ローンをしても手に入れたいと考える場合がよくありますが、ローンの支払いが終わっていないのに別の商品を欲しくなるような場合もあり、ローンの金額が雪だるま式に増えていきます。

計画的にローンを組めば、毎月の支払いも楽になるのですが、中には何も考えないで次々と商品購入のためにローンを利用する人もいるために、使えるお金がほとんどなくなって賃料も支払えなくなります。

このようなケースでも家賃の滞納を未然に防げるのが決算代行です。クレジットカードを使用して代金を決済するので、賃料の支払いだけ後回しにすることはできないために、確実に賃料を確保しやすくなります。借主が毎月自分で振り込みをするタイプの契約の場合には、ローンの支払いを優先して賃料を支払わないこともありますが、契約のときに決済代行の支払いを選んでおけば、こうした危険性も回避できます。

多額の出費が必要なために支払えなくなる滞納

多額の出費が必要になって使えるお金がなくなってしまうことも、不動産賃貸で借主が家賃を滞納する原因です。ローンや借金以外で借主が多額の出費を必要とする場合があるのが、家族の誰かが病気になったときです。借主本人が病気になる場合もあります。

病気の治療のためには毎月の治療費が必要になりますが、治療の内容によっては毎月多額の治療費が必要になります。短期間で治る見込みのある病気ならば、治療が済めばまたもとのように賃料をちゃんと支払ってくれる場合もありますが、高額の治療費が必要な病気が治らなければ、長期間にわたって家賃を滞納してしまう場合もあります

もともと収入の少なかった人には、長期間にわたる高額な治療費の支払いは非常に困難になるので、結果として毎月の賃料も支払えなくなってしまいます。このようなケースでも、貸主が毎月の家賃を確保しやすくなるのが決済代行です。クレジットカードを利用して決済が毎月自動的に行われるので、家賃の滞納を効果的に防止することができます。

決算代行には家賃の滞納を防ぐこと以外にもさまざまなメリットがあり、面倒な賃料の受け取りの手続きを専門の会社に代行してもらえるので、決算のことに詳しくない人でも利用できるサービスです。決済された賃料の振込みなどもメールで通知してもらえるので、賃料が振り込まれたどうかも簡単に確認できます。

 

不動産賃貸を行ううえで貸主にとって大きな問題になるのが、家賃の滞納です。借主の失業や、ローンの支払いなどが滞納をする主な原因ですが、毎月多額の出費が必要で滞納をする場合もあります。いずれの場合でも貸主が賃料を確保できるのが決算代行で、クレジットカードで決算がおこなわれるため、賃料が自動的に支払われます。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧