カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸で決済代行できるクレジットカードの種類とは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/07/20

キャッシュレス化にともなって、不動産賃貸での初期費用・家賃の支払いにもクレジットカードが対応するオーナーが増えています。そこで気になるのが「入居者のために準備したほうがよいクレジットカードの種類」です。せっかく決済代行を導入したのに、ニーズがなければ意味がありません。今回は決済代行が可能なクレジットカードを紹介します。

決済代行可能なクレジットカードの種類は

決済代行会社では基本的にさまざまなクレジットカードの種類に対応しており、既に入居者が所持しているものを利用することができます。どの種類のカードを使っても支払いの分割はできず、一括払いのみです。

不動産賃貸に必要なサービスの提供内容に応じ、審査を行った結果利用できないクレジットカードの種類が発生することもあります。またWEBから申し込みをし、メールリンクやタブレットでのサービスを利用するときは支払いの締め日に応じて振り込みがされます。

決済端末機を用いる場合は、クレジットカードの種類の一部と契約する必要もありますし利用手数料の支払いが発生します。不動産賃貸での決済代行では支払い方法としてクレジットカードを選択できますが、敷金や礼金を含め初期費用まで対応しています。

一般的にもキャッシュレスを望んでいる入居者が増えていることから、ニーズに応えるために使えるクレジットカードの種類は豊富となっているのです。

不動産賃貸会社とクレジットカード会社の仲介を行なっている業者もあり、カード決済代行会社と呼ばれています。不動産賃貸の決済サービスを行っている会社や、決済全般を行う会社に分かれますが、専用のシステムを搭載しているところが便利です。

決済代行サービスを導入するときは、不動産賃貸の管理をしているオーナーが手続きを行いますが様々なサービスの恩恵を得ることができます。

様々なクレジットカードの種類が利用できるメリット

様々なクレジットカードの種類が使えることによって、月々の駐車場代や家賃をスムーズに回収することが可能になります。時間や労力の大きな削減になるので、不動産賃貸にとって負担をさらに減らすことができるのが決済代行サービスです。その他の業務もスムーズに行えますし、業務改善方法の一つとして取り入れているケースも多くなります。

今まで多かった現金振り込みや、銀行からの引き落としなどの決済で完了することにより、金銭的なトラブルや未回収などの問題もありました。決済代行を行えば家賃履歴がインターネット上で一括管理できるので、様々な場面でスムーズに業務が行えます。

また現金払いや銀行振り込みや、口座からの引き落しには、書き損じがあったり残高が不足したりする問題もあります。全てを決済代行でクレジットカード払いへシフトすれば、これらの支払い滞納などのリスクを減らすことができます。家賃などの支払いにはカード会社から代行して支払われるので、銀行口座で残高不足であっても問題ありません。

決済代行サービスを導入している不動産賃貸は、まだまだ少数派なので他社との差別化を図れる大きなメリットにもなります。支払う側は複数のクレジットカードの種類から選択することができるので、手持ちのカードを使うことができます。カードを持っているということは、基本的には職へ就き支払い能力があるという信頼があることになります。

カードの種類によってはメリットがたくさんある

敷金や礼金や家賃1ヶ月分など、不動産賃貸を利用するうえで発生する支払いは入居者にとっては高額になりがちです。最近は敷金や礼金がないという物件もありますが、そうではない物件の方が多いことも現状になります。

そこで決済代行としてクレジットカード決済に対応していれば、入居者にとっても契約しやすくなってきます。もともとクレジットカードを所持しており、審査を通っている場合はある程度信用できる入居者と判断されます。管理会社からも決済代行を導入することにより、あらかじめ信頼度の高い入居者を把握することが可能です。

カード審査では明確な基準が設けられていて、年齢や収入、借入の有無などが関わっています。借入が多く家賃を滞納する可能性がある人は入居前に防ぎたいということであれば、大きなメリットがあります。

カード決済を用いるので、会社の審査があることはもちろんですが、審査が通らない人にとってはサービスを受けることができません。カードで支払うことは入居者にとっても楽なことで、決済管理を全てオンラインで確認することができます。

またカードの種類によりポイントが加算されていくので、次の支払日にそれを利用してお得に支払うこともできます。連帯保証人がいなくてもカードから決済されるので、残高がなくてもある程度まで支払いが保証されることです。

 

決済代行サービスを利用することは、業者によって条件が異なりますが申し込んでから1ヶ月くらいでサービスの開始が可能です。たくさんの国際ブランドが利用できると、支払い方法も柔軟になるのでどちらにもメリットが増えます。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧