カード決済ができない賃貸業者は時代遅れ!?賃貸業の方必見!決済代行業者を有効活用しよう!

不動産賃貸の「集金代行」と「決済代行」の違いや特徴を分かりやすく解説

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/07/20

不動産賃貸を運営していると、決済手段の導入が必要になります。決済代行と集金代行という手法があり、主にこれらの2つの窓口で運用されることが多いです。

これらのサービスには違いがあり、安定した経営をキープするため重要な業務になります。顧客からきちんと売上を回収するため、具体的にどのようなサービスになるのか把握しておくことをおすすめします。

決済業務をスムーズに処理することが可能

不動産賃貸では集金代行を採用しているところがあり、これは顧客がサービスを利用した際支払う料金を代行・回収することを意味します。集金代行サービスを利用すると、不動産賃貸業者にとって集金率を向上することができたり、集金業務を削減したりすることが可能です。

集金業務は業者にとってコストがややかかるようになりますが、この業務を怠ると現金が不足するケースに陥りかねません。しかし、集金代行を利用すると集金率の向上はもちろん、集金業務なども削減できるようになり、不動産管理会社や個人で賃貸を行っている方にとってはメリットが多いサービスといえるでしょう。

集金代行サービスを採用していないと、毎月決済業務を行うようになるので忙しい毎日を過ごしている人も多いです。決済業務は時間や手間がかかる作業になりますが、業者にとっては必要不可欠な業務になります。

収納代行とも呼ばれることがありますが、基本的に集金代行と収納代行の間にはそれほど違いがなく、両方とも顧客から支払われる金額の回収を代行するといった業務になります。それぞれのワードに関して基本的な違いはなく、いろいろな業種において使われている言葉です。

収納代行はコンビニ決済などを採用していて、その特徴からコンビニ決済代行とも呼ばれることがあるでしょう。コンビニ決済はクレジットカードを所持していない顧客でも、全国にあるコンビニを利用して気軽にサービスに対する代金を支払うことが可能です。

いろいろな業種で採用されている決済方法

現在はさまざまな業種において集金代行サービスが普及しています。集金代行サービスは集金業務が必要な業界や業種に導入されており、不動産業界やスポーツジム、学習塾や幼稚園などでも採用されている方法です。

口座振替登録を行ってから集金するのが一般的な流れで、基本的に手続きは不動産賃貸業者が対応しています。口座振替を活用することによって、集金業務が削減されるため、不動産業者は本来の業務に集中することができるようになり、業務効率化にも繋げることができます。

毎月スムーズに支払うシステムとして、口座振替は利非常に便利で、現金の受け渡しなどを行う際の不安がなくなったり、現金を取り扱うことに関係するリスクやストレスなどを軽減することが可能です。利用者はもちろん業者も現金を取り扱いたくないケースに便利で、集金業務を安心安全に行うことができるでしょう。

大規模マンションなどの不動産管理になると、毎月数千件以上の家賃回収業務を行うようになるので、口座振替を利用することで少人数でも経理処理を行えるようになります。集金代行はさまざまな企業で導入されている方法で、クレジットカードを持たない人でも手軽に利用することができ、いろいろな通販サイトなどでも採用されている決済手段の一つになります。

各種クレジットカードに対応可能

決済代行会社は各種クレジットカード決済や、キャリア決済など多様な手段を扱うことができます。 クレジットカード決済代行の仕組みは、利用者が不動産賃貸の支払いについてクレジットカードを利用すると、業者は決済代行サービスを利用して利用者の与信を行い、結与信結果に問題がなければ利用者の口座から料金を引き落とします。

決算代行サービス業者はクレジットカード会社から入金された金額から手数料を差し引き、残りの金額を支払うようになっています。このように業者とクレジットカード会社の仲介を行いながら、取引をスムーズに行う役割を持つのが決済代行サービスになります。

取引に応じた手数料は決済代行会社によってある程度差がありますが、各種クレジットカード決済代行にかかるコストを差し引いても、収益を確実に得られるため多くの人が利用している方法です。決済代行サービスを活用するメリットとして複数の決済手段を導入できる、審査通過についてのノウハウが豊富な点もあります。

毎月の経理処理を楽にでき、このサービスを利用すると個人で行う際の時間や手間がかかるような手続きを簡略化できます。リボ払いや分割支払いを選択できるので、敷金・礼金に対するハードルを低くすることができます。

 

不動産賃貸の決済手段には決済代行と集金代行があり、各種クレジットカード決済に対応している、コンビニ決済や口座振替など代行サービスを利用することが可能です。利用者の傾向などを把握しながら、どの決済サービスが顧客のニーズを満たすか検討することをおすすめします。

おすすめの賃貸決済代行会社!

商品画像
商品名ハウスペイメント
株式会社
アットホーム
株式会社
ベリトランス
株式会社
ハビーズ
(株式会社メタップスペイメント)
GMOイプシロン
株式会社
手数料・費用など業界最安水準の手数料率
ランニングコスト0円
不明導入費用・月額費用0円決済手数料2.8%決済手数料2.7%
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

管理人紹介


はじめまして。私は関東地域で不動産業を営む40代男性です。

最近は世間でもキャッシュレス化が広まってきているためか、うちの会社でも「家賃のクレジットカード払いには対応していますか?」という質問を多く受けるように…。そこで思い切ってカード決済代行会社に依頼しカード支払いOKにしたところ、集客アップのほか家賃回収がスムーズになるなど、さまざまな恩恵を受けることができました!

当サイトは、不動産会社向けにカード決済代行会社に関して魅力やメリットをまとめてみました。ぜひ決済代行の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧